スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美味しい漢方茶「Kaon茶」のアレンジレシピ☆


先日開催した、漢方茶「Kaon茶」の美味しい入れ方セミナーは大好評!
講師の末次さんの博識っぷり、楽しくてわかりやすい内容に皆様「もっと知りたい〜」と声があがってました。
この時教えてもらったアレンジレシピ、紹介しちゃいましょ☆

1)熱湯1リットルにKaon茶を1袋いれて、10分おく。
焼き目をつけた鳥手羽(10本とのことでしたが私は少なめに)、しめじ(鳥を焼いた後のフライパンで炒めました)をその中に入れて煮込む。

IMG_4546_convert_20130510003315.jpg

2)煮込む前にKaon茶の袋を取り出し、袋を破って、中から「クコの実(赤い)」「陳皮(みかんの皮)」「なつめ(茶色っぽくて噛むと甘いやつです)」をはしでつまんで鍋に入れる。
この地味な作業が疲れる・・・と思いきやなんか楽しかったです。w
しかしながら、生薬を知らないとどれがどれか分からないと思うので、その場合は「クコの実」だけでもどうぞ。
杏仁豆腐にのってる赤いやつね!

IMG_4547_convert_20130510003340.jpg

3)さっぱり好きならスープが透明なとき、こってり好きならお好きな時間コトコト煮込んでね。最後に塩で味を整えて。小口ネギを加えてもOK!

IMG_4551_convert_20130510003402.jpg

想像より甘い味になったので、黒胡椒やちょっとお酢入れたり適当にアレンジしました。
「正解はこの味!」というのはないので、お好きなアレンジを楽しんでね。
次の日にカレー粉いれて、ご飯やうどん、おそばにかけてもステキ☆
私は次の日は厚揚げや小松菜入れてみました。具沢山〜!

余った生薬は乾燥させてプランターや土に戻してあげて。
いい肥料になります!

【お茶プラス】

普通に飲むとき、ポットに袋から出したKaon茶を入れて蒸らすことがあります。
ティーバッグのままより、香りと味が濃くなるのです。
何回かお湯をかえて楽しんだら、そこにほうじ茶や紅茶(渋くないタイプの和紅茶がおすすめ)を加えて。

IMG_4442_convert_20130503232652.jpg

ひと味違う美味しさです。

◆Kaon茶 5包入り ¥1800 
sidetitleプロフィールsidetitle

hana*

Author:hana*
ウェディングプランナーを経て、美容家吉川千明氏の元でアロマテラピーとオーガニックコスメへの造詣を深める。「アロマと紅茶のセレクトショップmatsurica」オーナー。一般社団法人アロマリーディング協会代表理事。

► マツリカオフィシャルホームページはこちら

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請sidetitle

この人とブロともになる

sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。