樹木精油とポマンダー紹介。

◆現在13:30~19:00の営業時間となっております

水曜日の夜は「旅の報告会・アロマ編」でした。

定員いっぱいお集りいただいて、見た目も味も美味しいティアラスカフェさんのお食事、乾杯のオーガニックシャンパン、オーガニックコスメや精油、タルトにお茶に・・・。
素敵な様子を1枚も写真撮りませんでした。がーん
ということで、終了後に「報告してる風」写真を残っていた皆様で撮影!

IMG_0898_convert_20120622102327.jpg

完全に苦笑してますね、すいませんー。
次回の「旅の報告会・紅茶編」ではきちんと写真もおさめたいと思います。

さて、その報告会では先行販売したモノたちが。
ドイツで仕入れてきた貴重な精油やポマンダーたち!

IMG_0904_convert_20120622095816.jpg
写真左から)

◆山ジュニパー(完売しました)
旅をした南チロル地方(ドロミテ山塊)に自生するジュニパーで学名をJuniperus nanaと言います。
自生している山を見るために雪山に登ったのですが、手袋をしないと痛いくらいの針金みたいな葉っぱでした。
でも、とても小さな葉なので学名がnana(小さいという意味)となっているみたいです。
地をはうように広がるので農業にとっては邪魔な存在だとか。
定期的に刈り取って精油にすることが、この地域の農業ためにもなっているそうです。
この地方でしか採れない植物を、地元の蒸留所で精油として商品化しています。
PRIMAVERAにも商品がないため、数本蒸留所で仕入れてきました。
完売しましたが、マツリカにはサンプルが1本だけありますので、是非嗅ぎにいらして下さいね!

◆ギンバイカ・アンデスbio 5ml ¥1995(PRIMAVERA)
PRIMAVERAの精油原料はオーガニックかつフェアトレードなやり方で栽培しているところから仕入れています。
その地域の雇用を生み出したりしているわけですね。
その中でもペルーでのギンバイカの栽培はPRIMAVERAの独自プロジェクトだそうですよ。
つまり、ギンバイカ・アンデスはPRIMAVERAにしかないのです!
というわけで、ドイツや南チロル原産の精油ではないけれど販売することにしました。
それにね、ギンバイカは樹木精油とのブレンドが最高なんです!
単体では肺や泌尿器系にもいいですし、何より香りがとってもいい。
お子様にも好まれますよ!!

◆ハイマツ 5ml ¥1365(PRIMAVERA)
蒸留したてのハイマツの廃材に埋もれてきました。
最高です。
ハイマツについては後日詳しくご紹介しますね。
精油はPRIMAVERAでも通常扱いのないものなので、現在取り寄せをお願いしてます。
ちょっと待ってね☆

◆高山マツ 5ml ¥1575(PRIMAVERA)
1800~2400mの樹木限界の高地に生え、不屈の生きる意思、耐久力、力のシンボル!!
これは元気でちゃいますよ。
詳細はこれも後日ご紹介します。

ここまでの4本が主に報告会でご紹介した精油。
その手前に映っているのがポマンダー!

◆太陽みたいなつり下げ型ポマンダー ¥1000
太陽みたいなモチーフが可愛いでしょ?
こちらラスト1個です。

◆カンカンポマンダー エナジースパイラル ¥840
この柄は日本にはない!と、プリマヴェラのスタッフも驚いてました。
エネルギーのウズウズ、好きな方にはたまらないよね~。
こちらも先行販売で大人気だったのでラスト1個です。

今週はdans la natureのお菓子Raw Blissのローチョコやアイス、23日(土)はMINAさんのクリスタル&アロマのミニワーク。
色々あるから楽しいね。
皆様、お待ちしてますよ☆








コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

hana*

Author:hana*
ウェディングプランナーを経て、美容家吉川千明氏の元でアロマテラピーとオーガニックコスメへの造詣を深める。「アロマと紅茶のセレクトショップmatsurica」オーナー。一般社団法人アロマリーディング協会代表理事。

► マツリカオフィシャルホームページはこちら

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請sidetitle

この人とブロともになる

sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文: