ミルククレンジングVSジェルクレンジング


吉川千明さんは「泡洗顔をやめるだけ!」という本を出してらっしゃいます。
彼女は「ジュリーク」の日本一号店を開いた美容家さん。
だからやっぱり、ミルククレンジングが大好き!!
(ジュリークはミルククレンジングです)

そんな千明さんの元で働いていたので、もちろん私もミルククレンジング派。
何が違うって?
それまではケミカル系の普通の化粧品メーカーのクレンジングでした。
それを、ジュリークのミルククレンジング「クレンジングローション リプレニッシング」に変えたとたん!!

「あらら!洗顔したのにお肌が潤ってますけど!?」
なんだかカサカサしていたお肌(Iゾーンはテカっていた!)がウルウルしてる。
使い続けたら、明らかにお顔が滑らかに。
一緒に使ったもう一つの洗顔料「デイリーエクスフォリエイティングクリーム」が余計な角質を無理なく取り去ったからもあるけれど。
「デイリーエクスフォ・・(略)」の詳細はこちら⇒「つぶつぶオートミールでしっとり
香りもいいから、深呼吸しながらくるくる洗顔しちゃうんですよね~。

DSC_0370.jpg
写真右から)
◆ミルククレンジングローション「リプレニッシング」200ml ¥4935(ジュリーク)
◆クレンジングミルク「ネロリカシスシリーズ」100ml ¥3150(PRIMAVERA)
◆クレンジングジェル「セージグレープシリーズ」100ml ¥3780(PRIMAVERA)

そんなワタクシですが、夏に浮気しました・・・。

あまりの酷暑にミルククレンジングのしっとり感よりさっぱり感が欲しくなっちゃったんです。
マツリカで最近大人気のドイツのオーガニック精油ブランドPRIMAVERAさんの「クレンジングジェル」に手を出してみたのです・・・。

プルプル?つるつる?
アロエ効果なの?
なんだか超さっぱりですけど!!
顔がマットになるぞ~~~。
(かさつきはない!)

というわけで、夏中はクレンジングジェルに浮気してました。
最近は夜はミルククレンジングでしっとり潤い、朝はまだ暑いのでジェル、日中に汗かいたらジェル。
みたいに使い分けています。
ちなみに、このクレンジングジェルは「セージグレープ」というシリーズのモノ。
「セージグレープシリーズ」に配合されてる植物の説明聞くと思わず欲しくなっちゃう方もいるらしいよ。w
では、いきます。

【セージ】
 浄化と殺菌作用を持ち、吹き出物などのケアに最適。
 肌の再生力にもすぐれています。  
 古くからシャーマニズムの清めの儀式で使われてきました。
【グレープシード】
 ポリフェノールの宝庫であるブドウ種子から得られるオイル。
 抗酸化物質が抱負で皮脂のバランスを整えます。

ワタシみたいな混合肌は夏だけ使ったり、秋冬も朝だけ使うのがオススメかもね。
オイリー肌さんには年中オススメ!
じゃあ、乾燥肌、エイジングケアが必要な年齢肌には??

それが、写真真ん中の「クレンジングミルク」ネロリカシスシリーズなんですよ。
ってところで、ちょっと長文すぎたのでお休み。
ネロリカシスシリーズの「クレンジングミルク」はまた今度紹介します!!
マツリカには入荷してますので、是非テスター触ってみて。
めっちゃいいにおいでビックリしますよ~~☆

【基本的にダブル洗顔なし!】

クレンジングミルクでもジェルでも、基本はそれだけ。
後は化粧水するんです。
「角質たまったな」と思ったら、上記のジュリークの「デイリーエクスフォ・・(略)」でダブル洗顔してます。

日本人は洗いすぎで潤いを逃したり、肌を傷めてるケースが多いと思います。
お肌の悩み、いつでもご相談下さいまし!
そうそう、私、ホリスティックビューティーアドバイザーだったし!!

DSC_0007.jpg

保湿アイテムも揃ってますよ。えへん


コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

hana*

Author:hana*
ウェディングプランナーを経て、美容家吉川千明氏の元でアロマテラピーとオーガニックコスメへの造詣を深める。「アロマと紅茶のセレクトショップmatsurica」オーナー。一般社団法人アロマリーディング協会代表理事。

► マツリカオフィシャルホームページはこちら

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請sidetitle

この人とブロともになる

sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文: