FC2ブログ

フローラルウォーターも再入荷です!

前記事の「アロマスティック スピリチュアル」に引き続き、再入荷情報その2!
こちらも長らく欠品でご迷惑をおかけしました、「フローラルウォーター」人気ベスト3♪

フローラルウォーター

左から、
カモミールローマンウォーター・・・これは本当に「リンゴ」みたいな香り!赤ちゃんにも使える
       「アロマウォーター」の中でも、特に赤ちゃん&アトピー気味の方にオススメ。
       赤ちゃんのよだれやお尻拭きにもいいですね~。しかも、有機栽培ですよ♪

ローズウォーター・・・やっぱり一番人気はコレ!「ああ、ローズだなあ」という幸せ感いっぱいのお水。  
       化粧水としても、贅沢にルームスプレーに使用してもOK!こちらも有機栽培。

ネロリウォーター・・・ネロラ公国の王妃様の愛した香りとして有名なネロリ。
       肌を蘇生する力もあるので、年齢を感じ始めたら是非ネロリ!

さて、ここで「フローラルウォター」についておさらいを~。

芳香植物から水蒸気蒸留法で精油を抽出するときに、精油と共に得られるのがフローラルウォーター(芳香蒸留水・アロマウォーター」。
精油が芳香植物の「油溶性」の物質であるのに対し、フローラルウォーターは「水溶性」の物質。
精油は「水に溶けない」「水より軽い」ので、抽出時にはフローラルウォーターの上に浮かびます。
だから、よく「精油はウワヅミ・フローラルウォーターはシタヅミ」なんて表現をされることもあります。
あとは、「精油の副産物」とか・・・(涙)

アロマショップでもアロマ本でもいまいちパッとしない「フローラルウォーター」(涙)
でも、これがものすごく優れものなんです!!

だって、精油と同じような香りと作用を持ちながら、精油と違って「直接肌に使える」んですから。
低刺激なので赤ちゃんからお年寄りまで使えます

それに、精油では高くて手の出ない「ローズ」「ネロリ」「ジャスミン」なども、ウォーターならばお手ごろ価格!
同じ香り、というわけではありませんんが、十分良い香りが楽しめますよ。

一番カンタン&オススメな使い方は、
グリセリンを足して、化粧水にする!
ちょっぴりグリセリンを足して、よく振ればカンタンに化粧水になりますよ~!

そのほか、ルームスプレーやコロン代わりに使ってもいいですし、
クレイパックを溶かすときにフローラルウォーターを使うのもオススメの使い方。
いずれにしても、いろんなフローラルウォーターがあるので自分の好きな香りを選んで下さい。

そうそう、「アロマテラピー基礎クラス」では他のスクールではあまり取り上げられない
「フローラルウォーター」の使いこなし方もみっちりお勉強♪
生徒さん大絶賛の使い方は・・・、「フェイシャルコットンパック」
これは写真を撮ってご紹介しますので、今しばらくお待ちを~~。

マツリカで取り扱っている「フローラルウォター」
☆ローズウォーター
・カモミールローマンウォーター
☆ネロリウォーター
☆ジャスミンウォーター
☆ラベンダーウォーター
・スペアミントウォーター
・ティートリースイートウォーター
すべて、125ml入り¥1950です。

ちなみに、すべて「E-Conception」の商品ですが、このうち☆印のものは「精油の副産物」ではなく、
このフローラルウォーターを抽出するために育てられた植物から生産しているものだそうです!

そうそう、最後に大事なことを!
こちらは「保存料ナシ」なので、開封後は冷蔵庫に保管して3ヶ月以内に使い切るのが目安。
慣れてきたら、ウォーター同士のブレンドも楽しいですよ♪
「ローズ&ネロリウォーター」は大人の化粧水にオススメ!



コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

hana*

Author:hana*
ウェディングプランナーを経て、美容家吉川千明氏の元でアロマテラピーとオーガニックコスメへの造詣を深める。「アロマと紅茶のセレクトショップmatsurica」オーナー。一般社団法人アロマリーディング協会代表理事。

► マツリカオフィシャルホームページはこちら

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請sidetitle

この人とブロともになる

sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文: