精油が1本あったなら? ~超お手軽使い方講座~

マツリカでは4月23日に発売される、声優の井上和彦さんプロデュースのブレンド精油たち。
(ファンクラブの会員さんには先行販売されるそうです)
詳細は以前の日記「井上和彦さんプロデュースの精油作りました」「おやすみまでの恋時間ができるまで」をご覧くださいね~!!
今日は予告通りに「精油の超簡単な使い方」をご紹介しましょう!

「精油って、アロマポットとかも買わないと楽しめないんですか」

という初心者さんからのご質問がありました。
返事は「いいえ、精油だけ購入しても楽しめますよ」です。
では、早速「精油が1本あったなら、どう楽しむか」をご案内します☆

まずは、どのご家庭にもあるティッシュペーパーやコットンを用意しましょう。
そこに精油を1~2滴垂らします。
ポタポタっと!

100218_1713~0001

これを自分の近くに置くだけです。
ほんわり~っと香りが漂います。
これがアロマテラピーの本などに書いてある「芳香浴」というものです!

原理は簡単。
精油というのは揮発性の物質なのです。
だから、コットンなどに垂らしたら自然に揮発するんですね~。
その時の部屋の空気の流れにのって、香りが漂います。

ただし、コットンに垂らしただけでは、香りの広がる範囲は限られています。
が、アロマライトやアロマポットなどを使うと電気やキャンドルの熱によって香りがより広範囲に漂うのです!
ですから、芳香拡散器と呼ばれるアロマライトなどを使う利点は「拡散範囲の広がり」とも言えます。
芳香拡散器については、以前の日記に詳しく語ってますのでご覧アレ!
2009.11.9「芳香拡散器を選ぶには

「精油は揮発性」
これを理解すると、精油の保存の仕方もよくわかりますよ。
使った後にフタを開けっ放しにするとだんだん揮発してしまうので、使用後はすぐにフタを閉めよう!とか。

あとひとつ大事なポイントがあります。
精油は絶対に原液を肌につけたり、口にいれたりしない!!」
ということ。
精油瓶にも記載してありますが、原液のままでは刺激が強すぎるので気をつけて下さいね。

今日はもう一つの使い方をご紹介して終わりにしましょう!
先ほどのコットン。
垂らした精油部分を内側に折り込むようにしてたたみましょう。

100218_1714~0001

これを枕カバーにそっと忍ばせるんです。
そうすると、頭をのせた時にふわっと香りが鼻に届きます。
和彦さんのCDをかけながら、香りに包まれながら、そのまま眠りにつくことが出来ちゃいますね☆

垂らした精油部分を内側に折り込まないと、精油が枕カバーに付着することがあります。
ま、わたしは気にしないんですが(おおざっぱ~)、精油が布につくとシミになることもありますので、気になる人はほんのひと手間してあげてください。
もちろん、内側に折り込んでも精油の量が多いとカバーに付着することも考えられます。
注意深い方は、垂らしたコットンをベッドサイドに置くほうがいいかもしれません。

なお、今回の「井上和彦 癒し香」には「おやすみまでの恋時間」「眠り姫」の2種類がありますが、「眠り姫」はかなり濃厚な香りに仕上げてあります。
なので、使う時には1滴から使用してくださいね!
あまりたくさんの量を一度に使うと気分が悪くなることもあります。

どんな精油でもそうなんですが、体調や使用量によって、気分が悪くなることもありえます。
何か不調を感じたら、すぐに使用をやめて、換気をしてくださいね。

【アロマテラピー講座】

以前精油ブランド「Herboristerie(エルボリストリ)」のHP内で「アロマテラピー講座」を掲載していました。
全6回で終了してますが、はじめての方向けに分かりやすくまとめてありますのでよかったらご参考にどうぞ。
◆Herboristerie(エルボリストリ):武藤英恵のアロマテラピー講座

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

hana*

Author:hana*
ウェディングプランナーを経て、美容家吉川千明氏の元でアロマテラピーとオーガニックコスメへの造詣を深める。「アロマと紅茶のセレクトショップmatsurica」オーナー。一般社団法人アロマリーディング協会代表理事。

► マツリカオフィシャルホームページはこちら

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請sidetitle

この人とブロともになる

sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文: