FC2ブログ

かんたんマロンミルクティーの入れ方。

まずは質問。
これな~んだ?

090131_1257~0001

紅茶に詳しい方はおわかりですね?
こちらはCTCと呼ばれる製法で作られた紅茶の茶葉です。

「お茶の葉っぱ」をいったん潰して(Crush)、引き裂いて(Tear)、丸める(Curl)ので、
「CTC」と呼ばれています。
この方法で作られた紅茶は、通常の茶葉よりも味や香りを短時間で濃くいれられるのです。

だから、ティーバックの中身はコロコロした茶葉が多かったのですね~。
(現在はCTCでなくても味や香りをきちんと抽出できるテトラ型のティーバックが多いですが)
味や香りが強くでることから、ミルクティーで使用する方も多いようです。

そして、写真の紅茶は「マロン」の紅茶。
最近この「マロン」がマツリカで大人気!!
今日は、簡単に入れられる「ミルクティー」を、「マロン」の紅茶でいれてみようと思います。

まずは、カップにお湯を注いであたためます。
そのあと、ティーポットにティースプーン2杯の「マロン」紅茶の茶葉を入れます。
お湯の量は通常300cc(カップ2杯分)ですが、ミルクが入るので濃い目の紅茶液を作りたいところ。
で、お湯の量を通常の約半分150ccほどいれました。

090131_1216~0001

蒸らし時間は3分強といったところ。
ま、CTCの茶葉はあまり渋くならないので5分蒸らしてもOKかも(お好みでどうぞ~)。
蒸らしている間に、温まったカップからお湯を捨て、ミルクを注いでおきます。
カップが温まっているので、その熱でミルクが常温~ややぬるめの温度になってくれます。

090131_1217~0001

写真を撮ってる間に4分経ちました(その辺あまりこだわりません、ワタシは・・・)。
ぬっくい感じになったミルクの上に濃い目の紅茶を注ぎます。

090131_1222~0002

はい!「簡単マロンミルクティー」の出来上がりです。
もちろん一押しの「森のはちみつ」もたっぷりいれました~~(やはりベストカップルだわ☆)。

あわせたのは、抹茶のアイスボックスクッキー(¥350)と抹茶とホワイトチョコのマフィン(こちらは出勤途中の表参道で買いました。あいざわさんの作品ではございません)。
絶対に「マロン」には「抹茶味」があうと思うんです!!!

こんな風にマツリカの店内では日々、「紅茶とお菓子」「紅茶とはちみつ」のカップリングを妄想しつつ、実験しつつ、過ごしております・・・。
さらに最近は「どんな香りをたきながら、どんな紅茶を飲むか・・・」とシチュエーションまで妄想中。

アナタの一押しも教えて下さいませ☆

≪臨時休業のお知らせ≫
今週の営業も本日で終了。
2/3(火)は商品探しの旅に出ているので、臨時休業です。
お間違えのないように!

2/5(木)「スイーツフェア 第2弾」のお取り置きのご予約は2/3(火)18時までにメールでお願いします。
すでにご予約頂いたみなさま、どうもありがとうございます。
詳しい内容は前回の日記をご覧くださいね!→「イベントのお知らせ

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます!

参考にして、早速明日作ってみます!!
ミルクの変わりに豆乳。
はちみつがないので、はちみつ抜きで。

また、ご報告しますね♪

アレンジティー

まーのさま☆

アレンジティーって結構楽しいんですよね~!
豆乳だったら他にも「いちご紅茶」とか意外と「ショコラオランジェ」もいけるかも。
あ、スモーキーな香りの「キーマン」も美味しいかなあ・・・。
今度ワタシも豆乳でトライしてみますね!!
sidetitleプロフィールsidetitle

hana*

Author:hana*
ウェディングプランナーを経て、美容家吉川千明氏の元でアロマテラピーとオーガニックコスメへの造詣を深める。「アロマと紅茶のセレクトショップmatsurica」オーナー。一般社団法人アロマリーディング協会代表理事。

► マツリカオフィシャルホームページはこちら

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitleブロとも申請sidetitle

この人とブロともになる

sidetitleメールフォームsidetitle

名前:
メール:
件名:
本文: